2007年 02月 26日

半日陰の玄関先を華やかにしたい方へ

私もビギナーですが、参考にどうぞ^^


(その1)半日陰OKの季節の1年草を鉢に植える
或る程度大きい鉢でひとつ置くとインパクトが出るかと思います。視線を集めるため、高い位置になるよう支柱を使うといいですね。

e0016864_12432747.jpge0016864_12491714.jpg
角鉢でも丸鉢でも。一種類だけ同じ花色で植えるのが一番簡単です。一種類で2色植え、多色植え、2種類植え、、、とバリエーションは豊富です。

e0016864_12501782.jpg










4,5月頃までパンジー、ビオラなど。初夏〜晩秋にインパチェス、ベゴニア、トレニアなど。ハーブのメドウセージは宿根草ですが初夏〜晩秋までよく咲きます。同じくアジサイ、コバノランタナも花期が長いです。1年草は安くて花期が長いのでいいと思いますよ。







(その2)ツタ、アイビーを鉢植えする。

e0016864_1429938.jpge0016864_14555934.jpg華やかさを出すためには、班入りの種類を使うといいかもしれません。オカメヅタは大きすぎるのでアイビーのほうがいいかも。












(その3)ツタ、アイビーと1年草などを植える

e0016864_15313526.jpge0016864_15325764.jpge0016864_15331866.jpg






アイビーは常緑で何年も保ちます。1年草だけ季節ごとに換えます。





(その4)手持ちの落葉樹の鉢の根本にグラウンドカバーの植物を植える。
  日陰OKのアイビー、ワイヤープランツ、ツルニチニチソウ、グレコマ(カキドオシ)など。小さい鉢だと根詰まりしますので大きめの鉢のほうがいいかと思います。これだと葉が落ちた後も寂しくないです。

e0016864_15423893.jpge0016864_1543178.jpg















(その5)常緑のいろいろな色の木、草を混ぜて鉢植え。

e0016864_163513.jpge0016864_1642491.jpge0016864_1675932.jpg



右上のように日本古来のヤツデ、ツワブキ、トクサ、アオキなどの樹木を洋風に植えたり。班入りのものもあって渋い華やかさです。(でも高いです、、、)
観葉植物の日陰OKのものや、下のコリウスという1年草もあります。コリウスは初夏〜晩秋ともち、挿し木で年越しできます。(上真ん中はオリヅルランとアイビー。上左は数種類のアイビー、班入りツルニチニチソウ、シロタエギク、ラベンダーを混植。)

e0016864_16123510.jpg





(その6)最後に、立体造形を作るやり方もあります。

e0016864_16222618.jpgこういう針金で作られた動物などが売られています。これを鉢に差し、這い上る性質の植物を植え(アイビー、ツルマサキ、プミラなど)、植物の立体模型(トピアリー)を作ります。過程を道行く人に楽しんでもらえます。


トレリスという木製の格子状のものもあります。長方形、逆三角形など大きさも様々。これまた鉢やコンテナに差し、アイビーなどツル性植物を這わせていきます。



長くなってしまいました。お疲れ様でした。
こ〜いうのもあるんだな〜程度にみてくださればOKですよ。参考までに^^
[PR]

by goo183 | 2007-02-26 14:27 | ガーデニング例


<< 真冬の京王フローラルガーデン ...      最終回は宇宙^^  Healing >>