2008年 06月 26日

東京のアジサイ

e0016864_1005914.jpg

町歩きで見たあれこれです。ガーデニング例もありますよ♪
このごろ気になるのがこういう色の豊富なのだったり変わった色だったり、、。この木は1本の木なんですよ。びっくり。ここの土はどうなってるんだろ〜?花も真ん中で色が違ってるもんね。




e0016864_1051311.jpg

ここのも賑やかでしょ。晴れの日は華やかな風になりますね。初めて見たときはあまりの鮮やかさになに、ここのアジサイ!?と驚いたけど、今はもうそんなに珍しくなくなっちゃった。どんどんどこも新しい種類、植えてますもんね。




e0016864_1081872.jpg

とはいえ普通のも出しましょう。やっぱり落ち着くな〜、こういう普通のアジサイが。あともっと丸いとな〜、花びらに見える部分。そしたらどんぴしゃ、好みです^^



e0016864_1011954.jpg






e0016864_10135480.jpg

これはマンションのエントランス風景。スタイリッシュにマーブル柄。このガクアジサイも微妙に色が変わってます。アイボリー基調でアイボリーがかった薄ブルーとかね。(あ、これもしかしてずっと前に載せたかも、、)




e0016864_10162440.jpg

ここのアジサイも目を惹くな〜。こんなにくっきりはっきりの2色調、星形の花びら(花びらということにさせて^^)、これはまるで、、




e0016864_10195439.jpg

               そう、コンペイ糖みたい。きらきらしてて綺麗、、。






e0016864_10211470.jpg

  ではここから普通〜のアジサイに変わります。梅雨の晴れ間の姿もなかなか、、。






e0016864_10225984.jpg

おたふくアジサイ(↑だよね)はいつかは手に入れたいなあ、、。昨日、花屋を通りかかったらアジサイ特集やっていて。今人気の品種、十二単、アリラン、西安、秋色アジサイも数種類ありました。どれもさすがに欲しくなる美しさ、色合いで。アジサイもはまるよね、いくらでも集めてみたくなる。バラと比べて手はかからないし花期は長いし。いいんじゃないでしょうかね〜。






e0016864_10333279.jpg

  咲き始めの(だから花びらじゃないんだけど^^)まだ色がついていない頃の姿も好き。可憐です。






e0016864_10453742.jpg

植え込みに差し込む木漏れ日を受けて、、。町中の植え込みのでさえどことなく洋風ですね。どうもアジサイ=昔のまるっこい水色ののイメージあるからなあ。この色、昨日見たアリラン(ガクアジサイ)のブルー種にそっくり。






e0016864_10501937.jpg

お待たせしました。それではガーデニング例で〜す。おしゃれなマンションの、レイズドベッドとコンテナ(鉢)によるフロントヤードです。(しかし私は何語を話してるんだ?ガーデニング雑誌の影響が、、)今風の洋風アジサイを集めてるのと容れ物に統一感あるのでおしゃれでナチュラルですね。






e0016864_10541712.jpg

ここもマンションの植栽。おしゃれだね、、このへんはね、、。レンガのベッドにツタ、背景はツルバラですよ。アジサイの量がこれだけだからぱっと目がいくんですよね。あまり大きくしないでキープして欲しいな。






e0016864_10571218.jpg

モダンな植栽。ホワイトの建物にコニファーとアナベルのみですっきり爽やかに。(多分お宅の人はあんまりガーデニングやらない人なんじゃないかな〜。きっと住宅会社のプランのような気がする)






e0016864_1101562.jpg

上のを見た後はホッとします。これは色が合ってるな〜と。高さのバランスもちょうどいいじゃないですか?なんでもないようで見た瞬間、ちょうど良く落ち着くグッドバランスですね。(そしてこのホリホックは哀れ、葉っぱという葉っぱが虫食いだらけでした、、)






e0016864_1132153.jpg

わ〜、ここはイギリスですか〜?前にウィスリー行くときにWokingの町で見たお宅みたい。こんなに大きな株。しかも洋風に軽やかに見える。ここでは昔風の丸いブルーのアジサイはいかんですよね。梅雨空に重たく見えてしまう。






e0016864_11112532.jpg

このあたりでは街路樹の合間にこんな風に(どなたかが)アジサイをあれこれ植えています。他にもアガパンサスあり、バラあり、季節季節で様々な花が見られて美しいです。都会だからこそみんな植えるんだろうなあ。






e0016864_11135126.jpg

            もちろん、家の庭にも。一軒一軒種類が違うってすごいよね。






e0016864_11152959.jpg

           「十二単」ってこういうのですよね。花の形。八重咲き種だそうで。
    、、いや、調べたらもっと八重がすごかった。これは城ヶ崎という種類かな?






e0016864_11164033.jpg

で、これが一番不思議!形といい花色といい一番不思議で素敵!ひとつの花でこれだけのアンティーク調の色が楽しめるなんて!う〜ん、ずっと見ていたくなるな〜^^
、、でも欲しいかって聞かれると微妙、、どの花でもそうだけど、、惹かれはするんだけど、やっぱり独特のアンティーク調の色の花って、絶対持て余しちゃいそう、、(私の話ですよ)すぐ飽きちゃう気がするんだな〜。






e0016864_11205548.jpg

最後はやっぱり定番で。飽きのこないのはやっぱり昔からあるこういうのです。
ちなみに私が今持ってるのは普通の丸い形の白と、ブルーのガクアジサイ、つい目新しさに買い求めたアナベルと白い斑入りの葉っぱの白っぽいガクアジサイ。あと墨田の花火ですね。最近は白い花が(持つなら)いいです。夏場の爽やかさが何ともいえませんよ。
[PR]

by goo183 | 2008-06-26 10:11 | 季節の花


<< Go      ウサギと切り花 >>